Rii=Rippeの日記帳

小説や漫画の感想を書いたり、Dグレの考察をしたり・・・。

漫画版 悪ノ娘 第四章  考察と感想

本当は発売日に買って、読み終わってたんですが・・・感想を書けていませんでした。表紙のアレン君が可愛い・・・


さて、四章の表紙はアレン=アヴァドニア君。
内容としては、クロアテュールの一章のレオンハルト暗殺から、二章のアレンとミカエラの出会いまで。

表紙を開いてまず先に目に入ったのは、剣をかまえる、アレン君でした。
 さて、このアレン君。どこか既視感を感じないでしょうか。
 私が一番に思ったのは、アレス王と瓜二つということでした。
 この漫画が発売される前に投稿された、あの楽曲(http://www.nicovideo.jp/watch/sm29820805)そのアレス王そのものです・・・
  いやー・・・やっぱり親子ですねぇ・・・



内容の方は小説版悪ノ娘よりも、文庫版の方を意識された感じでした。
また、ジェルメイヌがレオンハルトから、彼が王宮に呼び出された話も、収録されている場所がかわり、レオンハルトの遺体を見つける前に・・・

ただ少し残念だったのは、アレンがレオンハルトを暗殺した際、彼から鏡を貰う場面がカットされていたこと・・・
 もしかしたら、私の見落としで一章で既に渡していたのかも・・・と思いましたが・・・ありませんでした。

他はもう、文庫版悪ノ娘の内容です。漫画だと、アレン君たちの表情がよく見れて、可愛いーなんて悶える始末・・・とにかく、見所たっぷりなのです。五章も早く発売されないかなー・・・


あ、あと、アニメイトで買ったので、壱加さんのコメントカード(?)ですかね。貰えました。アレン君が可愛すぎる・・・
カバー下には、コミック場面のラフが載っています。カードの方、まだ残ってるのかな・・・


さて、次は『ヴァニタスの手記』の三巻の感想を投稿するかと思います。友達に借りて読んだら、すっかりハマってしまったのです。明日発売ですね。
 では、今回はここまで。

(Twitterの本垢を休止しているにも関わらず、この記事の更新ツイートを投稿していますが、連携が本垢のままなのです)
スポンサーサイト

D.Gray-man 224夜  感想

なんか、想像してたより短かった・・・
考察はできてないです。


Ⅰ本編
 ワイズリーに抱きしめられ、方舟のゲートへと入る千年伯爵。
  (そういや、このゲートって誰が開いたの?)

「もう二度と千年公と『14番目』を会わせはしないのだ」(ワイズリー)
 そ、それはちょっと私も困ります、ワイズリーさん!!


去っていくマナ(伯爵)を呼びながら、ネアは追いかけようとするも、彼は立ち止まり、言い放つ。
「またな、マナ。次はオレから会いに行く。おまえを破壊(ころ)しに行くよ」(ネア)
 あー、この顔好きです!! たまらんです!!  冷酷ネア様最高!!


そして、そんなネアの前に立ちふさがる、殺気を放ったティキ・・・

で、次号へ・・・


ティキとネアの邂逅キタアアアアアアアアアアアア
 本番は次号ですけど、これ、ティキも相手がネアだって気づいてる感じっぽいですね!!
 いいよ、いいよ!! この殺気ムンムンのティッキー大好き♥
 次回はティキとネアの戦いですかね?? いつまでも待ってますよよよよよよよよ



Ⅱ『灰色ノ記録』情報
パラメーターあるんですね!! 今回こそは、ネアの情報あるかな!!
「欠かせないもの」って何いいいいいいいい!!!!!!
 ネアのはマナだったら私が萌え死ぬ

アレンの証言
 久しぶりの黒アレンさん!!
 書き下ろしあるるるるるるるるる

リーバーの証言
 アイツって誰だ!?
 アイツって誰だ!?!?

 わあああああああああ、扉絵レコメンドに「アンジ」あるっぽい!?!?
 裏話は考察しがいがあるかな??

新本部マップあるとか!!!!!!!!
ありがとうございますありがとうございます。
 これの為に生きていける!!!!!!


カバーはアレンくんで、書き下ろしピンナップつき。
発売日は3月3日とのこと。



Ⅲ星野先生コメント
「元気になって帰ってきたいと思います」
 これ、心配しかできないですよ、先生!!
 でも、次号にもちゃんとDグレの文字はあるから、春号も載るって思って良さそうですかね??


 とりあえず、まずはファンブックが先ですね。実習終わったら買います♪




Ⅳオマケ ※スーマンのイノセンスのちょっとした考察
 ちょっと短くなったので、前々から気になってた話しますね。

スーマンのイノセンスはどうやって本部へ運ばれたのか
 本編では語られていないですが・・・一応、本部に保管されてますよね。
 このことについて、3つの考えをあげてみました。

⒈ウォンに渡し、一旦アジア支部にて保管。その後、14巻の時にアレン達が帰還にアジア支部を経由した際、回収。
⒉ティムがそのまま持っていて、合流した際にクロスに渡した。
⒊リナリー達が日本まで持っていき、一緒に日本行って、一緒に帰還。
 一番濃厚なのはかな? は一番安全??
  ・・・わかんないですねぇ

彼と繋いでいた手

(なんだこの題名)

考察と呼べるかはわかりません。でも、どうしても載せたいものがあるので...










さて、皆さんは気になったことはありませんでしょうか。
 ネアがマナに差し出す手がいつも左手であること。
 マナと繋ぐ手がいつも左手であること。

最初は単純にネアって左利きじゃないのかなーって思ってました。でも、先日思ったんです。

宿主(あえて、この表記で)である、アレンの左腕はイノセンスである。



つまりは、こういうことです。

マナと繋ぐ手イノセンスによって失われた

マナと繋ぐ手はもうない

もう、マナと共に歩くことはできない




......考察しといてなんだけど、悲しいなぁ・・・

「D.Gray-man」情報&「妖の王」感想

ⅠDグレについて

 冬号は一月発売。「青の祓魔師」特集号
裏表紙にある予告には、Dグレの文字が一切ない


アニメ情報はサントラ発売中と円盤延期。それから、コラボアクセのこと。


星野先生のコメントは円盤延期のお詫び・・・


まあ、でも一応、「妖の王」の扉絵の後ろにあった休載情報には「今号の」とついていました。
 ・・・これ、次号もどうなるの・・・あるかどうか五分五分じゃないですか




Ⅱ妖の王

 まず最初に・・・続き気になる!!
え!? 続きめっちゃ欲しい。何これ!?
あるものなら是非読みたいところですよもう・・・

 気になったのは、かごめさんが終始ナレーションでしかしゃべってないんですよねぇ・・・

 謎とかも多いし・・・ってか、絵柄がDグレと微妙に違うってことが凄い・・・
 とにかく、いい作品でした。読んでいない方は是非・・・


 さーて、このくらいにしましょうかね。
冬号ではD.Gray-manが読めますように・・・

D.Gray-man 第223夜 考察と感想

 今日中に買えましたウェ-イ!!
 さて、では、始めていきましょう。



Ⅰ表紙
 担当の方に言われた通り、ゴスロリっぽくか...いつもより、肌の色が薄く、アレンくん儚さ増してる...



Ⅱ灰色ノ記録PLUS
 懐かしき方々のプロフィール。ズゥ爺っ様は流石に本編かww



Ⅲポスター

 OPに出てきた教団メンバー達ですかねー。アレンくんかっこいい...


 アレンくんとリナリーのツーショット。でも、あれ? これって...別れ際のシーン...ですよね? アレンの囚人服、白じゃなかった? え? この服何?? アルマ編の服とも違いますよね? ちょっと、アニメ、原作との色違いすぎですよ...


Ⅲサブタイトル
「To my way」...「自分の道へ」って意味ですかね? ここで身体を乗っ取られている場合じゃない。進まなければ。自分の道を

 そ、そろそろ表復活かなー、アレン...



Ⅳアレンの身体
 屋敷に向かって左手を伸ばすアレン。ネアを知るために、アレンは目指すべき道を見つける。
 だけど、乗っ取られたままでは進めない。どうすれば戻れる? と考えるアレンに蘇るは昨日のジョニーと神田。

 ずっとアレンを呼び続けるジョニー。自分を傷つけた相手にも関わらず...(これ、傷つけられる前のですけどねぇ(( )
絆は強い。自分達を思ってくれる彼らがいれば、自分は戻ってこられる。



Ⅴネアとリンク
 「怖い」と言ったネアにリンクは疑問を持つ。「これは意外。お言葉ですが私なんぞより35年前に死亡したにも関わらず、他者の肉体に寄生して現代に蘇ってきた貴方のほうがよっぽど」

た、確かに((おい、推しキャラに向かって!!
(あれ、でもリンク、ネアが35年前に死んだって知ってるんだ...?)


そんなリンクに向かって、ネアは彼の首を掴み、言い放つ。
「オレは人間がこの世で1番大嫌いなんでね」(そういう貴方も人間じゃ...((  )(ぎゃー、このネア様、めっちゃかっこいい! リンク! そこかわれ! かわってリンク!!((待て)

「オレはおまえなんかいらない。ティムがあれば十分」
 「いれば」じゃないの!? 「あれば」なの!? 「いる」「ある」で意味全然違いますけど、ちょっとネア!?
 しかし、ティムは破壊されてしまった。


 驚くネア。彼らの元にフィードラが襲いかかる。(フィードラのお腹、怖い...これ...SIRENに同じようなの出てきましたよ...ヒャ-)



VI千年公とワイズリー
 フィードラの乱入により、解放された千年公(マナ)。ワイズリーに抱きつき、彼は必死に自分が「マナ」であることを否定します。

「『マナ』...? どこかで聞いたことがあるような...」(ティキ)
あれ? ティッキー、マナのこと知らなかったの?『アレ ンくんのお義父さんの名前が「マナ」』って位なら知ってると思ったのに、まさかの名前はどこかで聞き覚えがあるってだけ?

 ワイズリーは何か知ってます...よね?


うぅ...千年公...悲しいかな。そうだよね。世界を滅ぼす千年伯爵が、博愛を擬人化したような、全てを愛し、この戦いの元凶であるマナではあってはならない、ですもんね... でも、千年公。狂ってしまっているのは貴方の方...思い出して。ネアのためにも、アレンのためにも、自分のためにも。

 大罪を償うために、確かに世界は壊さなければならない。そうかもしれない。でも、真実を否定して欲しくないです。(いやいや、世界壊すのも駄目ですけどね?)


さて、方舟へ帰ったところで終了。...あれ? このゲート、どうやって開いたの...? もともとあったゲートで、それを内側からルルさん辺りが開いたのかしら?



それにしても、前回と同様、ちょっと短めですね...大丈夫かな先生...。
このページのトップへ