FC2ブログ

Rii=Rippeの日記帳

小説や漫画の感想を書いたり、Dグレの考察をしたり・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

D.Gray-man 第225夜  感想

久しぶりのDグレで30ページ超えですよー!!
一昨日から体調崩しているので、手短に・・・
そしてこっそりと・・・誕生日おめでとうマリさん!(と、私・・・)


Ⅰ クリアしおり

 アレン神田ラビとティムキャンピーは以前の折り込みポスターの切り取り 
 ノアのティキとワイズリーとフィードラは今回の扉絵
 横向きでティキ、ワイズリー、ジョニー、アレン、神田のは24巻の談話室
 あとは小さめでコロ姫とマナの帽子被った千年公♥

 ちょっと重そうな気もするけどすっっっっっっっっっっっっごく可愛い



Ⅱ サブタイトル

前回の「CALL1」に続いて、今回は「CALL2」

 名前を呼ばれることで、僕は何度でも戻れる。『14番目』でも『ネア』でもない。僕の名前を呼んで。・・・ってことかなー??



Ⅲ 本編

 対面するティキとネア。「あの顔は――・・・」って驚いているけど・・・それ以前にティムのメモリーで驚かない?? それともティムのメモリーは端折りすぎて、ティッキー出て来なかったの??
 ティキの後ろで「長居はするな」とワイズリー。
 最近、ノア同士はメモリーで名前呼ばれますね・・・


「帰ったら、『マナ』?が何のことか教えろよ」
 あーやっぱり、ティキは『マナ』のこと知らない感じか―・・・
 アレンの養父の名前が『マナ』ってくらいには知っててもいい気がするんですが・・・ノアの中で『マナ』の存在について知っているのは、ワイズリーと千年公とロードとネアだけっぽいですね??
 って、ワイズリーのせいで何も聞き出せなかったの!?!? 二人を捕まえた意味は!? ラビは大丈夫なの!?
 ティッキーとネアってやっぱ因縁あるんですねー!!


 方舟に入ろうとするワイズリーと千年公。千年公は口パクで『ネア』と言って手を伸ばします。
 それに応えるかのように、ネアも優しい笑みで手を伸ばし返す。 しかし、その距離は遠く、届くことはない。

 ・・・ねえ、この笑顔・・・反っ則
 千年公だけでなく、全国いや、全世界のキャンベラ―を殺す気ですか、アンタ!!
 可愛いof可愛い
 どこまで私を沼に落とすつもりかなー? 私の愛しいネア様♥は!!


 そんなネアに「一緒に帰る?」と誘うティキ。お久しぶりの空気を拒絶するのもかっこいい。
 裏ではリンクがフィードラを縛り羽で封じます。
 フィードラがかなりギャグ気質で笑える。


 と、リンクは「ピリ」という音を聞く。振り向くと、平然とイノセンスを発動しようとするネア
 待って待って待って待って。「イヤミ」でつけられたあだ名で呼ばれて怒るのもわかる!
  (元々、第1使徒だし、それに、やっぱ自身のノアと共闘関係は築いてても、そう、まとめられるの嫌いなのね・・・大丈夫! 私は貴方をメモリーと区別するときにしか呼びません!!)
だからって貴方がイノセンス発動はマズイでしょう!

「・・・おまえと食事なんて、とても無理だよ、ジョイド。転生したお前のその姿・・・笑えて、食ったメシをうっかり吐きそうだ」
 自分と同じ顔の人と食事するの嫌だよね・・・しかも鏡と違って、印象とか全然違うもん・・・

 と聞いた途端に崩れるティキの顔。
  ジョイドかな?


「待ってください14番目!! 神ノ道化はアレン・ウォーカーのイノセンスです!! ノアのあなたをイノセンスが破壊しないとは限らない!! 咎落ちにでもなったりしたら・・・っ」
「ご親切にどーも」

・・・二人とも、人の言う事聞こう???
 どうして名乗ったのに名前呼ばないの、リンク!! 呼んでたら、もっと素直に聞いてくれたかもしれないのに!!
 ネアも抑えてよ!! 完全にイノセンスが拒絶反応起こしてるから!!

「馬鹿かこいつは」
 うん、馬鹿だね・・・


「アレン・・・?」
 と、ここで目を覚ましたジョニー。ノアとの対峙でうっかり彼の縛りも解けてしまったよう。
 金色の瞳を見て、ジョニーは彼が『アレン』じゃないと気づきます。
  (あ、瞳の色でわかるんだ・・・じゃあ、214夜のときは銀灰色だったのかな)

と、そのときだった。
 ふと、浮上する、アレンの意識。
「ジョ ニ ぼくを よん で くれ て・・・・・・(ありがとう)」
 そして、意識が途切れ、バランスを崩したアレンをジョニーが名前を呼んで助けようとする。
 しかし、落ちていく二人。だが、ここで発動するイノセンス
  (遂に、217夜のアポクリフォスみたいに発動されましたね・・・)
 そして、アレンはジョニーを受け止め着地。
 だけど、リンクの脳裏には・・・

・・・アレン、お帰り!!!!!!!!!
 もう、ネアの出番ばっかで、お腹いっぱいでしたからね!
 そろそろ主人公に戻ってきて欲しかったんですが、戻ってきて良かったー! お帰り、アレン!!


 と、今回はここまで。何かあれば別記事で。
スポンサーサイト

D.Gray-man | コメント:0 |
<<『ネア』と『14番目』 | ホーム | 憎むべき裏切者>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。