FC2ブログ

Rii=Rippeの日記帳

小説や漫画の感想を書いたり、Dグレの考察をしたり・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子守唄



 さて、方舟の奏者の唄。まず、これの解釈に入る前に方舟についてまとめた文がノートに書いてあったのでこっちから載せてみますね。箇条書きで。
・アニメで千年公とアレンが同じメロディを弾いていたことから、あのメロディは奏者の曲として共通。(14巻での音符の並びも同じ)
・伯爵の使う黒い方舟に歌詞の方はいらない。(アレンの方舟ではめっちゃ重要な役割を果たしてるけど、これもワイズリーが言ってた旧方舟に14番目がつけた仕掛け。
このくらいです。



では、ここから子守唄の解釈。私自身、自己解釈とか得意ではないので、突っ込みたかったらコメントで自由にどうぞ。


そして坊やは眠りについた
 その子供は眠りにつき、夢を見る。

息づく灰の中の炎 一つ二つと
 生きた兵器、アクマによって戦火が一つ二つと激しく燃える。

浮かぶ膨らみ 愛しい横顔
 いつか聖戦の時を破壊する愛しいその子供が目を覚ます。

大地に垂るる幾千の夢
 これは聖戦に散っていく私達の、罪を犯した私達の幾千の祈り。

銀の瞳の揺らぐ夜に 生まれおちた輝くおまえ
 月光の輝く夜に銀色の瞳をもった子供が産まれる。

幾億の年月が いくつ祈りを土へ還しても
 永く続く聖戦が幾つもの命と祈りを終わらせても、

ワタシは祈り続ける
 ワタシ達はこの子供が聖戦を終わらせてくれることを祈り続ける。

どうかこの子に愛を
 戦い方を共感されずに孤独の道を歩むこの子に愛を与えてください。せめて、ワタシ達だけでめこの子を愛そう。

つないだ手にキスを
 聖戦が終わったあと、この子供も救われるように、絆で結ばれた大切な人に祈りと感謝、その他の思いを込めて、キスを落とす。



とまあ、こんな具合ですかね?
Dグレって妄想が膨らみやすいから思いついたら書いていきたいです。
では。

4/4 少し訂正しました。
スポンサーサイト

D.Gray-man | コメント:0 |
<<悪ノ四重奏 感想 | ホーム | 良い年をお迎えくださいな♪>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。